ウィルスバスターによるランサムウェアブロックについて (2)2017年05月22日 20:58

トレンドマイクロに問い合わせしたあとその日のうちに
返事があったのは思いのほか早くびっくりしたが、
現象発生についての詳細を聞かれたので
再度症状を発生させようとしたが検出されなくなっていました。

パターンファイルが更新されて問題がなかったので検出され
なくなった可能性が高そうなので1,2週間様子を見て
再現するかどうか様子見というところでいったん解決しました。

しかし、ああいうのに引っかかると心臓に悪いですが
まあ検知されなくなっていそうなので一安心です。

ウィルスバスターによるランサムウェアブロックについて2017年05月21日 07:41

表次郎で画像ファイルを扱った場合に
処理を終了しようとするとウィルスバスターがランサムウェアブロックと
いうブロックをしようとすることがあるかもしれません。

c:\users\[ユーザー名]\local\tempや
実行ファイル直下などでファイル名がhyoYYYYMMDDxx.jpgや
imgXXX.bmpのファイルに変更をしようとしています。

といった感じの内容の場合は表次郎の処理が作ったワークファイル
なので処理が終わったので削除しようとしているだけですので
許可してもらえればと思います。

しかし、ワークファイルを作成することもままならんという
ことだろうか?
どういう組み方をすればいいんだろう。
一応トレンドマイクロにもメールをしてみたので
どういう返事が返ってくるかですが
たぶん、まいどの返事で技術的なことはお答えできません。
だと思うが前はPDeskでもランサムウェアではなかったが
引っかかったんですよね。
一体何が原因かよく分からなかったですが。

以上のエラーが発生することはあるかもしれませんが
その場合は許可していただけたらと思います。

表次郎公開2017年05月14日 10:40

表次郎ver1.60を公開しました。
メインは線の直角やコの字表現だったかと思いますが
記号の表現もこちょこちょ変更。
記号のパターンに地図関係の記号も追加したので
簡単な地図ならかけるようになったと思います。

ソフト進捗2017年05月06日 09:22

もう少しでゴールデンウィークも終わってしまいますが
次回のバージョンに向けての改定もこの休日に予定していたところは
概ね出来たのはよかったです。

大きな改定部分は以下のようなものです。
・オブジェクトの複数選択
・ブロック矢印のスタイル変更
・線(直角とコの字)を追加
・罫線、行挿入・削除のショートカット
・グリッドの色の濃さを調整(厳密には白にする)
・ソート
・記号の追加

個人的にはショートカット部分がお気に入りになりそうです。
ただ前に書いたと思いますがマス目書きはおすすめしていない
としましたがサンプル画像にあるように明らかにマス目書きを
メインとした書き方でそれをサポートするような機能が増えてます。

グリッドの色が薄いというのはマス目書きをしていると
グリッドの色が濃いとやはりうっとおしいと感じたのと
白にするとカラムがわかりにくいというのが気になったので
あえて薄いというのを追加しました。

またショートカットのCtl+Lは挿入で罫線の横線なしというもので
サンプル画像にあるように複数行に渡る縦の罫線を引くような
書き方がしたい場合に文字を書いた次の行でCtl+Lを押すと
縦の罫線のみ引き継いで行を増やしてくれる。
文章で書くと意味がわかりにくいですが罫線を引いてい一度
使ってもらえばどういう機能か理解してもらえると思うので
使ってもらいたいですね。

以上の機能がついたバージョンの公開は5月中旬を予定
してますので利用してもらえばと思います。

魔女と百騎兵2クリア2017年05月04日 07:43

最終ボスあたりで装備強化で時間がかかりそうと思えたので
まずブルーリフェクションをクリア後となるけどボスも倒せました。

装備強化が必要というよりは一戦すると回復アイテムがなくなるけど
アイテムを補給するお金が無いので貯めるためにMAP上でまだ
いっていないところを行ってみるというようなことをしてました。
厳密にはマナはあるのでお金も魔女嘆願で補給できるけど
そこはいっていないところに強いのがいてそれなりにいいアイテム
を落とすのでそちらのほうが面白いというのがあります。

クリアして感想としては
ストーリーの展開はすごく楽しかったです。
ただ購入動機のアマリエが一応主人公と思えるがあまりに無力
で急に強くなっても変なので仕方ないけど納得いきにくいというシーン
が多かったです。

戦闘システムの雑魚戦は黙々遊んでる感じでしょうか?
基本的のモーションは大きく誰でもよけることは可能だけど
アイテムを持つ敵はものすごく堅く一撃のダメージがでかいので
欲をかくと死んでしまう作りとなってました。
アイテムほしさに頑張るわけですが作業感はおっきいです。
またランダムマップだがどこも同じような面があるだけなので
いまいち新鮮さはなく。マップ式ということでダンジョンの階層を
突破するという目的もなく。目的意識が持ちにくかったです。
特にマップの最初のほうでもいいアイテムが出ることもあるので
あえて堅いのを相手にする目的も薄いのが問題だと思います。

以上の理由で作業感は強いですが強化アイテムを持って帰って
アイテムを鍛えるのは楽しかったです。

ボス戦は近距離の方が楽しかったです。
ボスもやたら堅いのでよけ方と攻め方をちゃんと把握する必要があり
それを探すのが楽しかったです。
ただ倒し方がわかると後はやたら堅いので武器の火力が無いと
カロリーが切れてきたりじり貧で回復アイテムがなくなっていくので
鍛えた武器が生きてくるという感じです。

全体的には黙々と楽しめたのですがワールドマップ式より
ダンジョン式で階層突破していくといいアイテムがあるといった
ほうが今回のシステムには向いていたのではないかなという
のが感想です。